“Jetty” dialogue cafe

【報告】第13回 <共謀>するって、どんなこと?


4月23日(日)の午後。高田馬場駅から明治通りを超えて、ちょうど早稲田通りの坂を下ったあたり。

第13回波戸場てつがくカフェは、西早稲田にある「Neccoカフェ」を会場に開催された。

Neccoカフェ」は誰でも利用できる喫茶店である一方、「日本初の『大人の発達障害当事者による、大人の発達障害当事者のため』の常設の居場所」として、発達障害当事者により運営されている「AlternativeSpace」だ。(「大人(成人)の発達障害当事者のためのピアサポート Necco(ネッコ) ホームページより)

実際の接客やカフェの運営も、発達障害当事者であるスタッフによって行われている。

自家焙煎のとても香りのよいコーヒーが、それもかなり割安な値段で味わえる、「隠れた」名店だ。




さて、今回のテーマは「<共謀>するって、どんなこと?」。

実はこの3月、当会は共謀罪設置法案について、会として反対の声明を発表した。

人と人とが集い言葉をかわす行為そのものをを罰しようとする共謀罪は、「対話の場」を実現していこうとする当会の試みそのものに根本的に対立している。

この法案が実現されれば、当会の活動は大変な困難にさらされるのではないか。

それが今回、反対声明()を発表した理由である。

テロ等準備罪/共謀罪設置法案(組織犯罪処罰法等改正案)に反対する声明(2017.3.27 波戸場てつがくカフェ)

一方、このように個別の政治的課題について具体的な意見を表明するということは、率直に言って、「対話の場」をあらゆる人に開かれたものとして用意したいという当会の目論見を難しくするものでもあった。

人があらかじめ見当づけられた「結論」が導かれることなく、前提を設けずに他人の考えを聞き、自由に思考ができる場所をどのように実現できるか。

共謀罪法案について反対の意見を表明して行われた今回の催しは、ひとつの実験であったと言ってよい。

さて、対話がはじまって表明されたのは、やはり刑罰や法律に引き付けての考えであった。

  • 辞書で調べると「共謀」は犯罪を示す例しかない
  • 二人が決闘を計画したら「共謀」なの?
  • 実際に共謀罪を取り締る場合には盗聴などの共謀した証拠を売る方法が必要になる
※ 【追記】ホワイト・ボードの写真につきまして(下段参照)


ちなみに「決闘」については、明治22年制定の「決闘罪ニ関スル件」という法律があり、現在も取締りの対象なっている。

そんな中、「共謀」とはどのような性質のものなのか、ということに着目するような提案も。

  • 「共謀」とは、第三者の耳や目がが介在することによってはじめて成立するのではないか。
  • 「共謀」を行ったとされた者達とそれを共謀であるとジャッジした者は、立場がハッキリと違う。前者はこれから行おうとする行為にが正義であると考えているのに対し、後者はそれを悪事だと考える。同じ事柄についての見方が正反対。

「共謀」というものに関わる者の感じ方がその関わり方によって様々に違っているのではないかという視点は、なかなか興味深いものと思われた。

その後、話題は犯罪の共謀や未遂との違いといった問題に。

共謀をもちかけられても、単に返事がない場合はどうなのか。共謀する際に意思の強さをどう計るのか。

そういったことのいちいちが曖昧で、際限がなく様々に解釈できてしまう考えが述べられた。

キーワードとして挙げられたのは次のもの。

  • 2人以上(あるいは被害者も入れて3人以上)
  • 正義/悪・合意/未遂・共謀=意思疎通・目的 「共謀」の成立要件として
  • 秘密の共有・意外性 情報の格差
  • 関係性・首謀者/協力者


「意外性」というのは、共謀を持ちかける際に、持ちかける者と持ちかけられる者との間には、多くの場合、圧倒的な情報の格差があるのではないかということだった。

「共謀」という言葉には、何か未知なるものに挑むような魅惑的な響きがあるようにも感じる。

情報格差があることによって、話を持ちかけられるものは「ワクワク」を感じることもあるのではないか、ということであった。

なかなかにおもいしろい考えだと感じた。

こうした話を受けながら、今回の対話は次のような問いと答で締めくくられた。

 問 <共謀>するって、どんなこと?

答 2人以上が正義または悪の目的の達成のために意思疎通をし合意/または未遂に至ること。
  その際に共謀者と被共謀者との間に情報格差を作ることで快楽を得ることもある。


今回の対話においては、時宜と状況ゆえか、やはり政治的課題であるところの「共謀“罪”」への関心からなかなか脱することができず、「そもそも共謀するとはどういうことなのか」といったことについて充分に話しを深めることができなかったように感じた。

情報格差ゆえの「快楽」という視点は大変興味深いものだと感じたが、あるいは「共謀者」と「被共謀者」という立場の違いにいま少し着目して考えれば、より思考を深めていくことができたかもしれない。

時間の延長の後、第13回波戸場てつがくカフェは幕を閉じた。(了)


※ 【追記】ホワイト・ボードの写真につきまして


本報告記事中に掲載しておりますホワイトボードの写真につきましては、一部、文字の消去を行った箇所があります。

なぜそのような編集・加工を施したのか、以下、ご説明を申し上げます。

当日対話の最中、ある参加者の方より、「共謀と陰謀」ということについて、過去に「陰謀」をめぐらしたことのある集団の例として「大日本帝国」「コミンテルン」という例が挙げられました。

しかし実際にはそれ以外にもうひとつ、ある名称が例として発言されました。

「大日本帝国」と「コミンテルン」は国家権力と言える存在であるのに対し、もうひとつの例はそのような性質のものではありませんでした。

当然のことながら、ひとりの参加者の方の発言が会場全体の意見を代表するものではありません。

しかし、「陰謀」をはたらく集団の例としてその名称が、「大日本帝国」と「コミンテルン」と同様の次元のものとして記されることは、概念の取り扱いとして適切でないというだけではなく、事実に基づかない誤解や偏見を生み、増長させる可能性があると当会は考えました。

よって上記の言葉の部分につきましては消去の加工を施した上で、ホワイトボードの画像を掲載するものといたしました。

当会は、全ての人間が対等に、自由に対話することができる場を追究することを目的として活動しています。

残念ながら今回、当会は自らの理念に反する事態に陥ってしまいました。

今回の事態を反省し、今後同様の轍を踏まぬよう精進して参りたいと存じます。

以上、ここに釈明と反省の辞を述べるとともに、皆さまへのご報告とさせて頂きます。


***
 

第13回 「<共謀>するって、どんなこと?」

・日時:4月23日(日)15時30分~

・場所:Necco カフェ 東京都新宿区西早稲田2-18-21 羽柴ビル202

・ 参加費:無料(ワンドリンク注文・200円~)


***


※「本レポートは対話の場の主催者として掲載するものですが、報告者の個人的見解を前提としています。種々の制約によりラフな記録と記憶をたよりに作成されているため、現になされた対話の事実と食い違うところがあるかもしれません。何卒ご承知おき頂きたく、お願い申し上げます。

第14回「その「いいね!」本気!? ~理解すること・共感することを考える~」


日差しが強く照りつけた5月21日。

第14回波戸場てつがくカフェは、六本木の街中にほど近い場所で行われた。

晴れたことはありがたかったのだが、こんなにも日差しが強いのは想定外。会場に添えつけられていた骨組みの屋根に、持ち合わせた日傘をわたして急ごしらえの木陰をつくった。

テーマに「「いいね!」の言葉があったこともあり、SNSに関する話題も多かった。

  • 内実を伴わない「共感」は、「共感」を強制するという暴力になることがある。
  • 「共感」が強制された結果「どうでもいいね」という気持ちになることも。
  • Twitterの「いいね」ボタンは、本当に「いいね」と思っているわけではなくとも「リツィート」をするのとは違う反応をしたい時に用いられることがある。例えば、「いいね」と思っていないけど、単に「見たよ」ぐらいの気持ちから押したり。
  • SNSの登場によって「共感」に新しい定義が付加された。
  • 「共感」という概念は歴史が浅いのではないか?一昔前は、「共感」よりも「同情」という言葉が多く使われていたように感じる。
  • 「共感」とは、価値観の共有ではなく感情の受け入れ、ではないか。
  • 「共感」が感情の受け入れであるとして、感情の受け入れによって相手に取り込まれる危険性がある。相手を全肯定することは危険。

一方、「理解」という言葉についても言及が。

  • 一方的な理解はストーカー的で、共感とは言えない。
  • 理解を「同意」と同じ意味に捉えてしまう傾向がある。誰かがある考えを理解することが、その考えに従った行動を取ったり、何かを実行することを意味はしないのに。
  • 「いいね」と共感することの背景には、深く接することで自分が脅かされるのではないかという不安がある
  • 本当の「理解」には、相手の発する情報を価値判断せずに受け止めることが重要
  • 「いいね」は「受け止め」のポーズだとして、「挨拶」として機能しているのではないか?

キーワードとして挙げられたの以下の言葉。

  • 共感からはじまる暴力
  • 暴力を呼び起こす共感 ・受け入れること/受け止めること
  • 感情/価値観 何を共有するのか
  • 承認欲求 ・権力関係

この後、対話は問を提出する段へと移っていくが、作業は難航することとなった。

一つの理由としては、「理解」と「共感」の関係をどのように考えるのかについての定見がなかなか醸成されなかったということがあるかもしれない。

例えば当初提出された「権力関係・上下関係を超えた共感は成立するか?」との問いには、「上下関係を超えた」ということと「理解」することがどのような関係にあるのかが問題となった。

それは「理解」ということが成立したうえでのことなのか?

あるいは「上下関係を超える」ということの中に、既に「理解」することが“前提”として存在するとは?
(上下関係に“前提”とされる「理解」とは?)



また、「共感」ということがもたらすのは単に「ポジショントーク」ではないのか、といった批判も寄せられた。

終着を見出すことがなかなか難しく、やむなく終了時刻を延長。

気付けば日もだいぶ傾いた。

タガログ語だろうか。隣のベンチには、女性達が多数集って楽しそうに話をしている。

おしゃべりに鼻を咲かせるお母さん達の傍らで、子供達は元気に遊ぶ。

対話の先は見えない。しかし、このごった煮な感じは愉快。


第14回波戸場てつがくカフェは、以下の問答を提出して終了となった。


問 異質なものへの共感は成立つか?

答 いいね、成立しないが、想像力を働かせてしてとの距離を客観的に持ちつつ客観的に理解することはできる



(了)

***

第14回 「その「いいね!」本気!?~理解すること・共感することを考える~」
・日時:5月21日(日)14時~
・場所:六本木の屋外スポット
・ 参加費:無料


***


※「本レポートは対話の場の主催者として掲載するものですが、報告者の個人的見解を前提としています。種々の制約によりラフな記録と記憶をたよりに作成されているため、現になされた対話の事実と食い違うところがあるかもしれません。何卒ご承知おき頂きたく、お願い申し上げます。



共謀罪反対!追加声明を発表しました



違憲無効な法律の施行を前に、当会は改めて共謀罪反対の声明を発表しました。

ごくごく短い文ですが、どうぞご覧下さい。


テロ等準備罪/共謀罪 設置法案(組織犯罪処罰法等改正案)に反対する声明(波戸場てつがくカフェ)
(追記部分はページの一番下の方にございます)


【雑感】共謀罪強行――この横暴を“おぼえない”の構え



“Don’t think. feel! It’s like a finger pointing away to the moon.Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.”

“考えるな、感じろ!それは月を指差すようなものだ。指に意識を奪われては、本質を掴むことはできないものと心得よ。”

 (ブルース・リー主演『燃えよドラゴン』 ※日本語意訳は筆者による)

 
***



「対話の場」をあらゆる人に開かれたものとして実現したい。

そのような企てをするものにとって、個別具体的な政治課題を取り上げることには慎重にならざるを得ない。

「賛成/反対」「正/不正」といった地点へと人を向かわせる渦中において、「あらゆる人に開かれる」ことはおよそ無理。矛盾というより他にないからだ。


法案について「反対」の二文字を口にしながら、共謀罪をテーマに対話の場を用意したこの数ヶ月。(※)

当会の取り組みは、やはり愚かな試みであっただろうか?

何度も考えてはみるが、わからないと言うよりない。

だいたいすぐに結論が出るような類の話でもないわけであるが、とりあえずのところ現在、この試みが「失敗」であったという認識を持つには到っていない。

はっきりと言えるのは、共謀罪の創設が「対話の場」を実現していこうとする試みに根本的に対立しているということだけである。


ところで、可決されるに到ってしまった共謀罪であるが、人々の口からは、この第193通常国会を「絶対に忘れない」のだという言葉が多く聞かれた。

しかし、これは「対話の場」を開いていこうとする者の構えではない、と考える。


「忘れない」という言葉は、決意の表現である。

決意は、悔やまれるものとなった経験の特殊性を高め、その経験と自己との結びつきを強化する。

あるいは「忘れない」という決意によって、何かをおぼえ、様々な学びや豊かさを得ることもあるだろう。

人が「忘れやすい」という前提に立つならば、それは有効な手段であると言えるかもしれない。

しかし対話においてはどうだろうか?

「対話の場」を開いていこうとする者は、「忘れない」ということを基本とするわけにはいかないのではないだろうか?

少なくとも、この攻撃がなぜ「対話の場」に向られているのかという命題を前にした時。

必要なのはこのような「決意」ではなく、「意」を定めずに対話を続けることではないかと、改めて思うのだ。

誰となく導かれ、何時となく生起する対話に対して「開かれる」ということではないかと思うのだ。


対話の場を開いていこうとする者は、「おぼえる」ことから遠ざかる必要がある。

そのためには、その都度「忘れる」ということでは不十分だろう。

そもそも「忘れる」ことが出来るのだとしたら、私たちはもっと別様な世界を生きることができるに違いないが、それは詮なきことである。

私達にできることは、せいぜい「おぼえない」ということだけだ。

「おぼえない」という構えだけが、辛うじて決意の帯びる硬直性を想起させ、私たちを決意の前に踏みとどまらせる。

「対話の場」を開いていこうとする者は、「おぼえてはいけない。」

「おぼえない」という「決意」(!)のみが、対話の向こうの未知を用意する。


「てつがく」を名乗る手前、ブルース・リーのようにはいかない。

老荘や禅にも後れをとるのかもしれぬ。

しかし、これが「月」の在り処を知る方法であると、私は考える。


以上のようなところが、共謀罪創設という事態に際しての当会の取り組みを通じて考えたところであるのだが、この一件は、私にとっては次のような問答として集約される。

=======

問 現実的政治課題に対して、対話を志向する者は自己を遠ざけるべきか?

答 遠ざけるべきでもないし、近づくべきでもない。
「現実的政治課題」であるとないとを問わず、およそ対話は普遍と未知に開かれているべきである。
したがって、論題についての遠近は問題とならないし、むしろ対象との距離は、その都度それ固有の尺度として体験されるべきである。


======


最後に改めて。

対話の場を開いていこうとする者にとって、共謀罪の廃止は可及的速やかに実現されるべき課題であることを申し添えて本稿を閉じる。

2017年7月10日
波戸場てつがくカフェ
しばたはる


※ 共謀罪設置に際しての波戸場てつがくカフェによる取り組みは下記を参照
テロ等準備罪/共謀罪 設置法案(組織犯罪処罰法等改正案)に反対する声明
第13回波戸場てつがくカフェ「 <共謀>するって、どんなこと?」
6.4「話をするって、どういうこと?~「テロ等準備罪/共謀罪」をきっかけに対話する~」(対話する実行委員会)


第15回「売れるモノ買えるモノ 〈取引〉について」


利便性の高さから近ごろ人気の某フリマサービス。

飛ぶ鳥を落とす勢いだけでなく現金、禁輸品の剥製、難関大学の学位記なんてものまで売りに出されて話題を呼んでいます。

誰もが自由に、なんでも、そして手軽に取引できる時代が遂にやってきた!!

という側面がある一方で、世の中には「買っては/売っては いけないモノ」というものも存在しますね。

犯罪として取り締られている臓器売買。

違法・適法にかかわらず、性的なサービスの提供は不道徳と責められることが。

売る/買うということを通じて、私たちは一体何をしているのでしょうか?

第15回波止場てつがくカフェは、太古の昔からあって今に至るまでいまだ画定しきれない取引(売買の対象・価格・プレーヤー・・・)について考えたいと思います。

チラシ表 ※クリックで印刷


■日時:7月9日(日)14:00~

■場所:飯田橋の某コミュニティスポット

※詳細な場所は事前にお申込みを頂いた方にお伝えいたします

※予定会場には車椅子でアクセス可能です

※性別を問わずに使えるバリアフリー・トイレが近くにあります

■集合:13時40分にJR飯田橋駅東口付近集合
⇒事前申し込みをしていない方はご利用下さい

■参加費:無料(カンパ歓迎)

■申込み⇒ hatoba.de.dialogue@gmail.com

チラシ裏 ※クリックで印刷

分科会の進行を担います!(6.4 対話する実行委員会)

 

当会も実行委員会に参加している「対話する実行委員会」。

共謀罪法案が衆議院で可決され、その成立が現実のものになろうとしている中、いよいよ企画の開催が来月4日に迫って参りました。

当日は4つの分科会に分かれて対話が行われる予定ですが、波戸場はこちらの分科会の進行を担うことに。


 【分科会1】対話するって、安全なの?(波戸場てつがくカフェ)

それぞれ異なる4つの分科会。

テーマも違えば、手法も様々。

どの分科会に参加するのかは、当日会場にて選べます。

どうぞ遠慮せず、面白そうだと思った分科会に参加して下さい

各分科会の情報は、順次「対話する実行委員会」のサイトにアップされる予定です。

ぜひご来場下さい!

※各分科会情報はコチラ

 

■日時 2017年6月4日(日)
14:00~16:30(受付13:30)
*終了後、別会場で懇親会を予定しています

■場所 武蔵野プレイス4階 フォーラム
〒180-0023 武蔵野市境南町2-3-18
JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」南口下車、徒歩1分

■参加費 500円(ドリンク・お菓子付)

■申込 【予約優先】
コチラのフォームから

■問合せ taiwasuru@gmail.com

■主催:対話する実行委員会
※対話する実行委員会は、「テロ等準備罪/共謀罪」法案提出をきっかけとして、東京近郊を中心に「対話」をキーワードとして活動するグループ・個人が、社会的に考える場を作りたいと始めたプロジェクトです。

「波止場てつがくカフェ★横丁」プロジェクトのご報告




波止場てつがくカフェは、これまで13回の対話を開催してきました。

しかし実はそれ以外に、これまでに計4回、対話の場を開いたことがあります。

4回とも場所はいずれも渋谷。野宿生活を送る方々が多く集まる場をお借りして、そこに集まる方々を対象にした対話です。

ふーん・・・、という感じかも知れません。

なぜ改めて今、発表することにしたの? と、思われる方もいらっしゃることでしょう。

以下、ご説明申し上げたいと思います。


1、「誰でも参加できる」

波止場てつがくカフェは、人がその属性に関わらず参加することができる対話の場の実現を目指しています。

なぜなら対話の本質は、その人がどのような人であるかではなくて、その人が何を語っているのかにあると考えるからです。

しかし、一言に「誰でも参加できる」といっても、それを実現することは大変に難しいことです。

暮らしている場所が離れているという問題。言語の違い。身体機能の違い。

「対話」以前に、ひと処に人が集まるということでさえ、それを実現することには多くの困難があります。

さて、そのような多くの困難・障壁の中でも、とくに困難なものの一つに経済力、つまり「お金」の問題があります。

昨年8月、私達は宮下公園にて、野宿で生活を送る方々のために行われた「渋谷夏まつり」を会場として、「波止場てつがくカフェ」を開催しました。

後になって振り返ってみると、設備や環境の面で色々と課題が残る回になったとは思っているのですが、それでも、「参加無料」と掲げて行うことができたということは、大変得がたい経験であったと思っています。

お祭りのために来てたまたま、という参加者が多かったと思いますが、野宿で暮らしていると思しき方々も住居があるだろうと思われる方々も共に対話に加わり、ある深さを持った言葉のやり取りをすることができました。

家がある人も、ない人も――というばかりではなく、およそ人の居住形態、そして財産に関わらず、人がひと処に集まって対話を行う。

このような場の実現は、カフェなどの飲食店を会場として開催していたのでは、恐らく実現できないことであっただろうと考えています。

もちろん、単に経験や生活環境等の隔たりが大きい人同士が集まることで、充実した対話が実現されるというわけではないでしょう。「その人が何を語っているのか」にまっすぐに向き合うことの困難が、まずあります。

しかし、充実した「対話の場」とは同時に、思いもよらない「出会いの場」でもあるのだと思うのです。

そしてそうした「出会い」へと人が開かれているためにも、「誰でも参加できる」という目標は、欠かせない理念であると考えます。

その後も渋谷にて、野宿生活を送る方々に呼びかけて開催した対話は、私達にそのことを再確認させるものとなりました。


2、問題は「金銭」だけではない

波止場てつがくカフェは、1000円を超えるような費用のかかる対話の開催を、まず考えません(都心部で1000円以下の参加費で満足に対話が行える環境を探すことは、かなり困難ですが…)。

しかし、例え1000円に満たない金額であったとしても、用意することが難しい方、支出が難しく参加をあきらめる方がいることも、厳然とした事実です。

また、問題は金銭的なものばかりにとどまりません。私たちは、もう少し想像力を働かせなくてはなりません。

今仮に、費用的な問題はクリアされ、たとえば東京23区内どこからでも徒歩で行けるエリアにあるカフェを無料で利用することができるとします。

不特定多数の人に向けて「誰でも参加できます」とうたい対話の場がもうけられたとして、果たしてその場に、ホームレスと呼称される方々がやってくるだろうか…。

「誰でも」ということは、誰にとっても理想的な条件と言えるのでしょうか。また、そこで掲げられる「参加できる」とは、何を意味するのでしょうか。

誰でも参加可能と聞いて、臆せず参加できるということは、社会的なアドバンテージの一つなのだと、私たちは気づく必要がありました。

私たちの偏見・臆見はあらゆる場面に忍び込み、社会の分断は到るところにおよびます。

「誰でも参加できる」からこそ、「私は参加できない」ということもあるのだという現実を、私たちは考えなければなりませんでした。


3、「波止場てつがくカフェ★横丁」

しかしもちろん、波止場てつがくカフェは、「誰でも参加できる対話の場」の実現をあきらめるものではありません。

多様な「出会いの場」こそが「対話の場」の充実を実現するものである以上、どのようにすれば障壁なく人々が参加することができるのか。今後も知恵を絞りながら、様々な試みを行っていきたいと思っています。

これまで行った都合4回の野宿で生活を送る方々を対象にしたてつがくカフェは、まさにそうした人の「経済力の違い」に起因する出会い・対話の困難を乗り越える方法を探る試みでもあったと考えます。

しかし、それは解決策というにはあまりにささやかであって、そもそも不十分だと思っています。

であるならば、「誰でも参加できる対話の場」という理想を追求しつつ、一方では参加対象を一定程度限定した対話の場を設けるしかないのではないか――。

これが私達の、現在の暫定的な回答です。

そのようなわけで、波止場てつがかくカフェは、通常の「誰でも参加できる」てつがくカフェとは別に、参加対象を限定した対話の場を設けていきたいと思います。

特に、主に野宿で生活を送る方々に呼びかけて開催する対話については、これまでの取り組みを引き継ぎ、継続して実施していきたいと思います。

プロジェクト名は、「波止場てつがくカフェ★横丁」。

通常のてつがくカフェとは違うので、報告や事前の告知に制限を設けることをやむなしとしています。何卒ご了承下さい。

「横丁プロジェクトに興味がある!」「もっと詳しく聞いてみたい」という方は、どうぞ当方まで直接お問い合わせください。

以上、「波止場てつがくカフェ★横丁」プロジェクトのご報告でした。


2017年5月9日 波止場てつがくカフェ