“Jetty” dialogue cafe

「波止場てつがくカフェ★横丁」プロジェクトのご報告




波止場てつがくカフェは、これまで13回の対話を開催してきました。

しかし実はそれ以外に、これまでに計4回、対話の場を開いたことがあります。

4回とも場所はいずれも渋谷。野宿生活を送る方々が多く集まる場をお借りして、そこに集まる方々を対象にした対話です。

ふーん・・・、という感じかも知れません。

なぜ改めて今、発表することにしたの? と、思われる方もいらっしゃることでしょう。

以下、ご説明申し上げたいと思います。


1、「誰でも参加できる」

波止場てつがくカフェは、人がその属性に関わらず参加することができる対話の場の実現を目指しています。

なぜなら対話の本質は、その人がどのような人であるかではなくて、その人が何を語っているのかにあると考えるからです。

しかし、一言に「誰でも参加できる」といっても、それを実現することは大変に難しいことです。

暮らしている場所が離れているという問題。言語の違い。身体機能の違い。

「対話」以前に、ひと処に人が集まるということでさえ、それを実現することには多くの困難があります。

さて、そのような多くの困難・障壁の中でも、とくに困難なものの一つに経済力、つまり「お金」の問題があります。

昨年8月、私達は宮下公園にて、野宿で生活を送る方々のために行われた「渋谷夏まつり」を会場として、「波止場てつがくカフェ」を開催しました。

後になって振り返ってみると、設備や環境の面で色々と課題が残る回になったとは思っているのですが、それでも、「参加無料」と掲げて行うことができたということは、大変得がたい経験であったと思っています。

お祭りのために来てたまたま、という参加者が多かったと思いますが、野宿で暮らしていると思しき方々も住居があるだろうと思われる方々も共に対話に加わり、ある深さを持った言葉のやり取りをすることができました。

家がある人も、ない人も――というばかりではなく、およそ人の居住形態、そして財産に関わらず、人がひと処に集まって対話を行う。

このような場の実現は、カフェなどの飲食店を会場として開催していたのでは、恐らく実現できないことであっただろうと考えています。

もちろん、単に経験や生活環境等の隔たりが大きい人同士が集まることで、充実した対話が実現されるというわけではないでしょう。「その人が何を語っているのか」にまっすぐに向き合うことの困難が、まずあります。

しかし、充実した「対話の場」とは同時に、思いもよらない「出会いの場」でもあるのだと思うのです。

そしてそうした「出会い」へと人が開かれているためにも、「誰でも参加できる」という目標は、欠かせない理念であると考えます。

その後も渋谷にて、野宿生活を送る方々に呼びかけて開催した対話は、私達にそのことを再確認させるものとなりました。


2、問題は「金銭」だけではない

波止場てつがくカフェは、1000円を超えるような費用のかかる対話の開催を、まず考えません(都心部で1000円以下の参加費で満足に対話が行える環境を探すことは、かなり困難ですが…)。

しかし、例え1000円に満たない金額であったとしても、用意することが難しい方、支出が難しく参加をあきらめる方がいることも、厳然とした事実です。

また、問題は金銭的なものばかりにとどまりません。私たちは、もう少し想像力を働かせなくてはなりません。

今仮に、費用的な問題はクリアされ、たとえば東京23区内どこからでも徒歩で行けるエリアにあるカフェを無料で利用することができるとします。

不特定多数の人に向けて「誰でも参加できます」とうたい対話の場がもうけられたとして、果たしてその場に、ホームレスと呼称される方々がやってくるだろうか…。

「誰でも」ということは、誰にとっても理想的な条件と言えるのでしょうか。また、そこで掲げられる「参加できる」とは、何を意味するのでしょうか。

誰でも参加可能と聞いて、臆せず参加できるということは、社会的なアドバンテージの一つなのだと、私たちは気づく必要がありました。

私たちの偏見・臆見はあらゆる場面に忍び込み、社会の分断は到るところにおよびます。

「誰でも参加できる」からこそ、「私は参加できない」ということもあるのだという現実を、私たちは考えなければなりませんでした。


3、「波止場てつがくカフェ★横丁」

しかしもちろん、波止場てつがくカフェは、「誰でも参加できる対話の場」の実現をあきらめるものではありません。

多様な「出会いの場」こそが「対話の場」の充実を実現するものである以上、どのようにすれば障壁なく人々が参加することができるのか。今後も知恵を絞りながら、様々な試みを行っていきたいと思っています。

これまで行った都合4回の野宿で生活を送る方々を対象にしたてつがくカフェは、まさにそうした人の「経済力の違い」に起因する出会い・対話の困難を乗り越える方法を探る試みでもあったと考えます。

しかし、それは解決策というにはあまりにささやかであって、そもそも不十分だと思っています。

であるならば、「誰でも参加できる対話の場」という理想を追求しつつ、一方では参加対象を一定程度限定した対話の場を設けるしかないのではないか――。

これが私達の、現在の暫定的な回答です。

そのようなわけで、波止場てつがかくカフェは、通常の「誰でも参加できる」てつがくカフェとは別に、参加対象を限定した対話の場を設けていきたいと思います。

特に、主に野宿で生活を送る方々に呼びかけて開催する対話については、これまでの取り組みを引き継ぎ、継続して実施していきたいと思います。

プロジェクト名は、「波止場てつがくカフェ★横丁」。

通常のてつがくカフェとは違うので、報告や事前の告知に制限を設けることをやむなしとしています。何卒ご了承下さい。

「横丁プロジェクトに興味がある!」「もっと詳しく聞いてみたい」という方は、どうぞ当方まで直接お問い合わせください。

以上、「波止場てつがくカフェ★横丁」プロジェクトのご報告でした。


2017年5月9日 波止場てつがくカフェ


第14回「その「いいね!」本気!?~理解すること・共感することを考える~」



「うんうん、そうだね。」

「あなたの気持ちは、よくわかるよ」

インターネットが普及し、多くの人が、当たり前の ようにメールやSNSを利用するようになった現代。

若者だけに留まらず、画面の向こうにいる誰かが自分の メッセージにリアクションをしてくれることは、現代人にとってとても重要な事柄になっています。

なんていうと、単にフォロワーの数こそが社会的ステータスだというように聞こえるかもしれませんが、ライフ・スタイルが細分化し、多様な個性の在り方を尊重することが求められる今日。

共感する人や理解してくれる人がいることの重要性は、益々高まってと言えるのではないでしょうか?

チラシ裏 ※クリックで印刷

一方、そうであるが故に、煩わしいと思いながら、とにかく人間関係を無難に収めるためにと嫌イヤ「いいね!」ボタンを押してみたり。

中には、既読スルーが原因で事件にまで発展してしまうケースも。

一体私達が求めている<共感>や<理解>というものは、何のために必要なものなのでしょうか?

それは私たちに、何をもたらしているのでしょうか?

果たして<共感>と<理解>はどのような違いをもつものなのでしょうか?

賛同や同意とは違うものなのでしょうか?

<共感>すること、<理解>することの「そもそも」を考えてみたいと思います。


***


■日時:5月21日(日)14時~

■場所:六本木の屋外スポット
※詳細な場所は事前にお申込みを頂いた方にお伝えいたします

※集合:13時40分に大江戸線六本木駅6番出口付近(俳優座劇場前)集合
⇒事前申し込みをしていない方はご利用下さい

■参加費:無料(カンパ歓迎)

■申込み⇒ hatoba.de.dialogue@gmail.com


チラシ表 ※クリックで印刷



【報告】第12回 <女子力>・・・ 誰が発揮するのか?



2月25日(土)。 第12回目となるこの日は、武蔵境の「超巨大商業施設」での開催となった。

テーマは「 <女子力>・・・ 誰が発揮するのか?」。 当日参加の方も多く、参加者は10名を越える数となった。

 会の冒頭から「女子力」、そして「女子」という言葉について、様々な考えが語られた。

  •  「女子会」というものが広く言われるようになった。ここでの「女子」は年齢を限定しない、女性一般を指している。
  • 「男子力」という言葉が使われないのはなぜか?
  • 「女子“する”力」という意味なのではないか?
  • 「イクメン(iku-MEN)」という言葉は耳にするが、「イクウィメン(iku-WOMEN)」という言葉はない。
  • 「女社長」とワザワザ性別を明らかにすることがあるのに、「男社長」という言葉はない。
  • 「女子力」という言葉は、気軽なコミュニケーションツールとなっていると思う 性別を強調する言葉を用いる企業が増えている様に思う。もともと男性の領域であったところに女性が進出してきた結果ではないか?


話はやがて、「女」という言葉を冠した言葉の構造の問題に言及しながら、さらに展開する。

  • 将棋の世界では、女性だけに適用される「女流棋士」(※1)という制度がある。

      ※1 報告者参考 「女流棋士」と「女性棋士」
      「棋士」には性別によって「男性棋士」「女性棋士」という言葉が成り立つが、「女性棋士」は上記「棋士」とは違う制度によるものである
      ⇒「壁を打ち破れ、女流棋士里見香奈の挑戦」(YOMIURI ONLINE)

  • かつて「保育士」「看護士」という名称はなく、それぞれ「保母」「看護婦」という名称であった。男性もその分野に進出するようになって「士」をつけて呼ぶようになったのだと思う。
  • 「女子力」はマーケティングの用語であって、実際には「ネタ」としてしか使われていない。
  • 「女子」と「女」はどう違うのか?「女子」とは性的に成熟した「女」とは違って、「女子」=女の子供、というものをモデルとしているのではないか?
  • 「~女子学院」という固有名はあるが、「~男子高校」という名称はない


そして、話は「女」という言葉が用いられてきた歴史にも向かった。また、ちょうど同時期に朝日新聞で連載された「女子力」(※2)についての企画ついての言及も。


  ※2 報告者参考 朝日新聞「フォーラム」
  「女子力」の正体

  • 女子力には「子供っぽい」という意味あいがあり、それがキャラクター的類型化をもたらしているように思う
  • 「女子力高め男子」など、「女子力」を通じたキャラクター的類型化は男子にも及んでいる
  • 「女子」、特に「子」という言葉には、母性や「産む」という役割を拒否しつつ女性である、という意味があると思う
  • 「女子力」はネタだ、とは理解しつつ、やはり女性はそのワードを気にしている現実があると思う
  • 「女子」という言葉は80年代より盛んとなった「女子高生」「女子大生ブーム」に端を発するトレンドではないか
  • ファッションに流行には、必ずしも男性の視線を必要としていないものもあると感じる
  • 「かわいい」という言葉と「女子」は親和性があると感じるが、現代では男性について用いられることもあり、しかも必ずしも否定的な意味ではなく使われている

キーワードとしては、次のような言葉が提出された。


【キーワード】
装置、かわいらしい、子供っぽい、類型化、母性、産む役割、女子(対としての男子)、労働力、使いこなしていく力


ファシリテーターの立場からは、「女子力」という言葉について相当に幅広い見方や考え方が示されたものの、問いをつくる段になって、展開が収縮してしまったように感じた。

それぞれのトピックでは、かなり興味深い、「女子力」の根源を垣間見ることができるような閃きが見えるように感じられただけに、残念。

第12回は、以下の問いと答を提出して終了となった。

問 女子力とは?
答 社会が女性に求める類型化された価値観や役割に適応するための力


***


■第12回波止場てつがくカフェ <女子力>・・・ 誰が発揮するのか?

■日時:2017年2月25日(土)15時~

■場所:武蔵境の超巨大商業施設

■参加費:無料

※「本レポートは対話の場の主催者として掲載するものですが、報告者の個人的見解を前提としています。種々の制約によりラフな記録と記憶をたよりに作成されているため、現になされた対話の事実と食い違うところがあるかもしれません。何卒ご承知おき頂きたく、お願い申し上げます。

↓↓↓↓リンク↓↓↓↓
【告知】第12回波止場てつがくカフェ <女子力>・・・ 誰が発揮するのか?

 

6月4日(日)開催!! 「対話する実行委員会」の企画に参加します!




当会も反対声明をあげるに到るなど、特別な関心をもって注目している共謀罪問題。(※1

実はこの間、都内を中心に「対話」をテーマに様々な取り組みをされている方々と、この問題について、「対話」というものに関心をもつ立場からどのように考えるのか、話を重ねて来ました。

その結果としてこの6月!

下記のように、一緒に対話の催しを開催することとなりました。

実行委員会に参加する方々の関心は様々ですし、「対話」というものについての考えやアプローチの方法もそれぞれに異なると思いますが、とにかくこの「共謀罪」の問題が、何らか「対話」という事柄と深く関係しているのではないか、との考えでは一致しているものと思っています。

「平成の治安維持法」などとも批判される共謀罪法案。

まさにその創設が現実のものとなろうしている現在において、果たして「話をする」とは、“そもそも”どういうことなのか。

法案についての賛否や善悪・人や社会のあり方の当否から自らの身を引き離して、人と言葉を交わす中で考えてみたいと思います。

是非お越し下さい!

※1
 テロ等準備罪/共謀罪 設置法案(組織犯罪処罰法等改正案)に反対する声明(2017.3.20 波止場てつがくカフェ)


***

話をするって、どういうこと?
~「テロ等準備罪/共謀罪」をきっかけに対話する~



話をするって、危険なの?

だとしたら何を話して、何を話さない?

話せなくなったら何が変わる?

話したことを、誰かが一方的に「共謀」だと決めるとしたら、常に誰かに「視られている」としたら、人はどんな話をするようになるでしょうか。

「テロ」や「共謀」と「対話」がどのような関係にあるのか、じっくり話してみたい。


***


■日時 2017年6月4日(日)
14:00~16:30(受付13:30)
*終了後、別会場で懇親会を予定しています

■場所 武蔵野プレイス4階 フォーラム
〒180-0023 武蔵野市境南町2-3-18
JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」南口下車、徒歩1分■参加費 500円(ドリンク・お菓子付)

■申込 予約優先 → taiwasuru@gmail.com

■問合せ・申込  taiwasuru@gmail.com

■主催:対話する実行委員会
構成:齊藤充(対話学舎えんたらいふ)/佐野佳子(対話の実験室@公-差-転)/高村夏輝(松蔭大学)/古川京(新橋「夜の対話カフェ」)/波止場てつがくカフェ/八尾浩幸(デモクラシー・カフェ@東村山

※対話する実行委員会は、「テロ等準備罪/共謀罪」法案提出をきっかけとして、東京近郊を中心に「対話」をキーワードとして活動するグループ・個人が、社会的に考える場を作りたいと始めたプロジェクトです。

【報告】第11回 都民ファースト…?「優先する」とは、どういうことか?



1月28日(土)の午後。

ポカポカ陽気に、多くの人が行き交う上野公園。

そこからほど近い某「休憩スポット」にて、この年第一回目の波止場てつがくカフェ開催された。

テーマに「都民ファースト」の文字があるわけだから、当然と言うべきか。

発言は都政に関わるものも多かった。


  • 「ファースト」という言葉には、「ファースト」以外のものの排除が前提とされている
  • 都民ファーストという言葉は、東京一極集中を助長する言葉で、都市-地方の序列を隠蔽しているように感じる
  • 「都民」というのは、「移り住んできた人たち」の集合ではないか?「東京都」というものに同一性を感じることはでいないのではないか?
  • 「都民」というものには土着性がなく、利便性からそこにすんでいるだけの人を含んでいると思う
  • 「都民」は地方在住者よりも優遇されているはずなのに、都に対する帰属意識がないのはなぜか

以上のような話しの中から、次のような言葉がキーワードとして提案された。

・都/地方
・序列、排除
・対等、平等


キーワードの抽出を受けて、さらに問いの設定に向けてさらに対話が行われる。

「ファースト」の方向に、“ある”価値観に向かって動かされ、拒否できないことの息苦しさがあることなどについて話は深められていったが、第11回は、ひとまず下記のように問いを設定して了となった。


問い 何を基準に優先することは決められているのか?

⇒答 差別意識によって決められている


「差別意識」とはどのようなことを指すのか。抗うことが困難な「“ある”価値観」とはどのような関係があるのか。

更にもう一歩掘り下げることもできたように感じるが、時間切れ。

日が落ちた上野公園。

第11回の対話は終了した。


_____________

■第11回波止場てつがくカフェ  都民ファースト…?「優先する」とは、どういうことか?

■日時:1月28日(土)14時~

■場所:上野駅公園口すぐの休憩スポット

■参加費:無料

※「本レポートは対話の場の主催者として掲載するものですが、報告者の個人的見解を前提としています。種々の制約によりラフな記録と記憶をたよりに作成されているため、現になされた対話の事実と食い違うところがあるかもしれません。何卒ご承知おき頂きたく、お願い申し上げます。

↓↓↓↓リンク↓↓↓↓

【告知】第11回波止場てつがくカフェ 都民ファースト…?「優先する」とは、どういうことか?





第13回 <共謀>するって、どんなこと?


チラシ表 ※クリックで印刷



「よし、やっちゃおう!」

論より実践。習うより慣れろ。 一人の時なら、いざしらず。誰かと共になら、なほのこと。

あんまり深く考えないで、その場のノリで走り出してしまうことって、ありますよね。でも、もしそれが犯罪に問われてしまうのだとしたら、どうします?

何の話かって、今の通常国会で議論されている「テロ等準備罪」のことです。

野党や多くの市民団体からは、個人の内心の自由を監視・取締りをするための「共謀罪」法案の焼き直しだと、批判の声が上がっています。

「テロ対策は重要」

「一般市民は無関係。犯罪組織の話しでしょ」

賛成意見も説かれる中、法案の狙いは「内心の自由の制限・侵害」にあるのか、それとも「テロ対策」にあるのか。意見の対立は深まるばかりです。 しかしところで、そもそも「共謀」するって、どういうことなのでしょうか?

全く一人で「やっちまう」ということとは、やはり違うのでしょうか?

共謀することと合意することは、同じことを指すのでしょうか?

どうして「共謀」することはいけないことなのでしょうか?

やっぱり「テロ」と関係があるものなのでしょうか?

共謀罪についての賛否はちょっとカバンにしまって、「共謀」するとはどういうことなのか、その「そもそも」を考えてみたいと思います。

***

チラシ裏 ※クリックで印刷

■日時:4月23日(日)15時30分~

■場所:Necco カフェ
東京都新宿区西早稲田2-18-21 羽柴ビル202

※会場にはエレベーターの設備がございません。
※参加をご希望の方で何かお困りごとがございます場合には、どうぞお気軽にご連絡下さい。主催者にて可能な限りの応対をさせて頂きます。
※お手洗いは洋式です。性別を問わずにご利用頂ける個室となっております。

■申し込み:hatoba.de.dialogue@gmail.com 【予約優先】
※座席に限りがございます。恐れながら、申し込みされた方優先にてご案内申し上げます。

■参加費:無料(ワンドリンク注文・200円~)

■アクセス
西早稲田駅(東京メトロ副都心線)徒歩6分
高田馬場駅(JR線、東京メトロ東西線、西武新宿線)徒歩10分
面影橋駅(都電荒川線)徒歩6分

■会場地図 ⇒コチラから


※本イベントは法案についての賛否を論議するものではありません。どのような意見をお持ちの方でも、あるいは、特に確固とした考えをお持ちでない方も、他の方の声に耳を傾け、共に考える用意をお持ちの方であれば、どなた様でもご参加頂けます。
※波止場てつがくカフェは共謀罪設置法案に反対ですが、特に本イベントにのぞむにあたっては、対話の場があらゆる方に開かれたものとして実現されるよう、偏りを排したファシリテーションに心懸けます。


↓↓↓↓ご参考↓↓↓↓

共謀罪設置法案に反対します!!

テロ等準備罪/共謀罪 設置法案(組織犯罪処罰法等改正案)に反対する声明 (波止場てつがくカフェ 2017.03.20)

Q&Aページをつくりました!!




もうひと月以上になると思いますが、当サイトに、新しくQ&Aサイトが加わりました!!
( ワザワザ作ったのに、完成させた後告知するのすっかり忘れてた…)

てつがくカフェって、どんなことするの?

対話って、どういうこと?

何で“波止場”なの?

そんな皆様の疑問を、スッキリ解消してくれる(に違いない)出来上がりとなっております。

併せてトップページのボタンも、微妙にリニューアル。

これまでクリックしても特に何にもおこりませんでしたけど、一応、それぞれのボタンの先にコンテンツが加えられております。
(その節は失礼いたしました・・・)

共謀罪反対の項目ありますよ~

前に来たときは何にもなかくてガッカリだったというお方。その節は大変失礼致しました。ごめんなさい。

何卒お気を取り直して頂きたく。

是非ウロウロしてみて下さい!
(変なところは、まだたさんあります。ご勘弁。)


    ↓↓↓↓

■波止場てつがくカフェ Q&Aページ